お茶のつじの どっとこむ http://www.ochano-tsujino.com

お茶のつじの どっとこむ お茶のある暮らし
  | 送料・お支払いについて | サイトマップ |
ホーム
オンラインショッピング
お買い物ガイド
特定商法取引法
お茶の知識講座
プライバシーポリシー
会社紹介
ご意見・お問合せ

カートの中を見る



1万円以上お買い上げの方は送料無料!

〒814-0005 福岡県福岡市早良区祖原28番22号
TEL:(代)092-851-1777
FAX:092-851-1797



FlashPlayerダウンロード
これらのページをご覧いただくためには、最新のFlashPlayerが必要です。上のバナーよりダウンロードして下さい。


お茶の知識講座

| おいしいお茶の入れ方 | お茶の保存方法 | 九州各産地のお茶の特徴 | 「深むし茶」について |







  おいしいお茶の入れ方

3人分の標準量 (一人分の時は、3で割った量より若干多目にお入れ下さい。)
お茶の入れ方@
お好きな茶葉を急須に入れる。
◆茶葉の量◆
玉露 深むし茶 煎茶・白折茶 番茶・玄米茶
ほうじ茶
大さじ2杯
(約10g)
大さじ1.5杯
(約9g)
大さじ2杯
(約12g)
大さじ2〜3杯
(約10〜15g)
※茶器は、あらかじめ温めておいて下さい。
お茶の入れ方A
一度わかしたお湯を急須に注ぐ。
◆湯の温度◆
玉露 深むし茶 煎茶・白折茶 番茶・玄米茶
ほうじ茶
60度前後
※ゆっくりと入れる
80度前後 80度前後 90〜100度前後*
*番茶やほうじ茶をぬるい湯でいれると香りも引きたたなく、味も薄くておいしくありません。
お茶の入れ方B
お好みにより40〜60秒おいて。
◆抽出時間◆
玉露 深むし茶 煎茶・白折茶 番茶・玄米茶
ほうじ茶
約2〜2分30秒 約30秒 約1分30秒 約45秒
※お湯(水道水を用いてお茶を入れる場合)は一晩ヤカンに汲み置きし、その後3分以上はよく沸騰させて適温まで冷やして使用して下さい。
お茶の入れ方@
手早く湯のみに注ぎ分ける。
日本茶の魅力はお茶の種類によって、それぞれ異なった味が楽しめる事にあります。香り、甘み、渋みの味わいを秘めています。それぞれの持ち味を充分に引き出すようにお入れ下さい。茶の種類を問わず、お茶は、最後の一滴まで均等に注ぎきって下さい。お茶は低温ほど甘くなり、高温ほど苦く、長い時間をおくほど渋くなりやすいので好みに合わせてお茶をお楽しみ下さい。
※二煎目も同様にお楽しみください。





  ご家庭でのお茶の保存方法
お茶の品質を大きく左右する主な原因それは、温度、湿度、光、酸化、移り香等によるものです。
良いお茶も保存方法が悪いとすぐに味が悪くなってしまいますので、保存容器と保存場所の注意が必要となります。

保存容器 (湿度、酸化、移り香を防ぐ) 茶缶
  未開封の商品は、そのままでも良いが、開封した場合お茶は、空気に触れると酸化し変質するので、密封性の高い容器をご使用下さい。(茶缶等)

保存場所 (温度、光を防ぐ)
  毎日ご使用になる場合は、冷蔵庫等にしまわないで、涼しい冷暗所へ。
(長期保存の場合は冷凍庫へ*

*冷凍庫へ保存する場合お茶には、脱臭効果が有るので、他の生鮮食品等の臭いや湿気から守る為に、保存容器をサランラップで包み、粘着テープで密封する事、又多量にお茶がある場合、小分け(100g〜200g)にしておくと便利です。





  九州各産地のお茶の特徴
九州各産地のお茶の特徴
●八女茶 福岡県内の生産者が丹精込めて生産されるお茶で、代表される玉露と高級煎茶の味は、濃くて渋みが少なくて、まろやかなお茶です。
●嬉野茶 佐賀県嬉野で生産されるお茶で、玉状になった茶葉が特徴で旨味があって味は濃く爽快味があります。
●鹿児島茶 鹿児島県内で生産されるお茶で、さわやかな香りが強く、さっぱりとした味が特徴のお茶です。
●矢部茶 熊本県上益城郡の山間部で生産され、蒸し製の玉緑茶の生産が多く、みどりの鮮やかな水色と、若芽の強い香気が特徴のお茶です。

福岡八女及び各産地の選りすぐった茶葉を”福岡茶匠つじの”が茶葉の特徴を最大に生かして独自にブレンドし、産地にこだわらないオリジナル茶を創りました。そのお茶を「つじの銘香茶」と名付けました。
”福岡茶匠つじの”がお薦めする逸品です。





  当社の「深むし茶」について
 
外観だけに偏重して、茶本来の香味を度外視した形優先か、味本来のお茶かは、各々のご嗜好により選択させるものですが、当社は、お茶は飲むものであり、姿より味という大前提のもとに、産地の篤農家師と一緒に研究を重ね開発した、当社の深蒸し茶こそ緑茶の真価かと存じます。お茶の味を生み出す基本は、葉に含まれているアミノ酸とタンニンのバランスを図ることです。
当社の「深むし茶」について製茶工程中の蒸し方とその時間によってこのバランスは色々に変化します。簡単に申しますと、浅蒸し茶(形の良い普通のお茶)の場合には、タンニン(渋味・苦味を生じるもの)が充分に糖化しない為にお茶は、渋味・苦味が残ります。
そこで、苦渋味を抑え、まる味、コクをより効果的に抽出する深むし製法を採用しております。
然し深むし茶にも一つの難点があります。それは普通蒸しのお茶の2〜3倍の時間を掛けて充分に葉を蒸すので、茶葉の表面の樹皮質が破壊されてしまうことです。それで一定以上の深さで蒸す程葉がやわらかくなり、砕け葉や、粉状の部分が出来る事になります。 然し一方タンニンの減少で益々コクがあり、甘味のあるまろやかな味が生まれ、一度飲んだら、ほかのお茶では味わえない甘味が口に残ります。只見た目が粉っぽく見えますが、粉茶ではありません。この細かくなった部分が若葉の一番美味しいところです。味本位のご嗜好ならば当社開発の香味ある深蒸し茶をお奨めいたします。
尚、この深蒸し茶は茶こしのついた深むし専用の急須をお使い下さいます様お奨めいたします。
 
 



▲UP



Copiright c 2005-NOW  Ocyano-Tsujinocha All Rights Reserved